コストダウンを図るなら中古ダンプを購入しよう

作業者
  1. ホーム
  2. 農機具を購入する

農機具を購入する

トラクター

注意すべきポイント

農機具は農業を行う上では欠かせない道具ですが、一方で需要が限られていることもあって新品の場合には相応の価格がします。このため中古を選択する人も多くいますが、中古は価格が安いといっても選択肢を誤ると失敗の原因になります。大規模な農業をする上で欠かせないのがトラクターです。トラクター本体は牽引車ですが、後部にさまざまな器具を取り付け、牽引することによってさまざまな作業が可能になります。もっとも代表的な使い方が耕耘でそのほか、収穫などにも使われます。トラクターを選ぶさいのポイントは、馬力と駆動方式です。農作業においてはとにかく馬力が必要で不足していると効率よく作業を行うことができません。また駆動方式も2WDよりも4WDの方が強みがあります。中古では低倍力で2WDのものは格安で売られていますが、残念ながら本格的に農業で利用するのには、不向きです。このため再度売却するさいには値段が付かない場合があります。もちろん低馬力で2WDでも使える分野があるのですが、自身がどのようなシーンでトラクターを使うのかを理解した上で選ぶことが重要です。また中古を購入するさいには実際に動作させることや、オイル漏れが起こっていないか確認することが重要です。トラクターの中にはアワーメーターが取り付けられています。これは作動時間を示したもので、1000時間を超えてくると問題が発生しやすくなると言われているので購入するさいにも確認しておく必要があります。